ユニットバスのリフォームをするというのであれば暖かくなるようにします。冬の温度差を減らします。

浴室リフォームの記事まとめ
浴室リフォームの記事まとめ

ユニットバスのリフォームで暖かさ

お風呂場というとどういういう印象があるでしょうか。温かいお湯がありますから暖かいというイメージがあると思います。確かに春から秋ぐらいにかけては特に何も感じないかもしれません。でも冬になるとかなり違いを感じることになります。通常利用していないときはお風呂場に暖房は入れていません。ですから寒い状態です。
暖かい部屋から寒い部屋に来れば余計に寒く感じるということになります。これは体にはあまりよくないとされています。血圧の影響があるということが言われています。できるだけ温度差が少なくなるようにしたほうが良いということです。
新しいという場合にはそのまま運用するということになります。電気ストーブなどで一時的に温めるということがあるかもしれません。でもある程度利用年数が経っているというのであればリフォームを考えたいところです。
通常考えるのはユニットバスを含めて浴槽そのものを変えるということだと思います。新しいものに帰ると気分も変わります。お風呂場は体をきれいにするところですからこの場所が長年の利用で汚れていると洗う時も気を使うことになります。それが綺麗になったということであればお風呂に入るのも楽しくなるということになります。
変更するときにはいろいろなオプションを考えるようにします。まずは浴室を暖かくすることを考えたいです。
お湯があるから暖かいというのは間違いです。
床などは非常に冷たくなりやすくなっています。床暖房を入れることでひやっとする思いをしなくなります。また脱衣場に関しても何らかの寒さ対策をしたいところです。
あと梅雨時に利用することになると思いますが乾燥設備を設置することを考えます。もともとは浴室そのものを乾燥するためのものですが洗濯物が乾きにくい時はこちらを利用することができるようになります。通常の部屋でしたら部屋干しのにおいが気になることがあります。梅雨時だけでなく冬場にも重宝すると思います。

Copyright (C)2014浴室リフォームの記事まとめ.All rights reserved.